みやっちの今日を振り返って 【観光】姶良市・郡
本ブログはリンクフリーですが、ホームぺージからのリンクは、ブログランキングに弊害が出ますので、ご遠慮願います。
《重要》 FC2ブロガー様へ:今後、特定のブロガー様以外は、「訪問者リスト」を見ませんので、ご了解下さい。
(「おきてがみ」にて対応します。)   >>>  関連記事

ご親切な方へ: 本ブログは誤字・脱字が多いです。親切心のある方は、コメントにてお知らせ下されば、幸いです。

ブログランキング参加中♪ いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ            
みやっちのホームぺージ

吉松駅 久しぶりに訪問しました

鹿児島県姶良にある、吉松駅に行ってきました。

地図

吉松駅は、宮崎県の県境にある駅でけっこう歴史ある

駅です。指宿からは遠く、指宿→鹿児島市内→高速・・・

→栗野IC下車、そこから20分ぐらい走行したところに

あります。

吉松駅

駅前には、100周年記念碑があります。

吉松駅

一番最初に来た時、アパートみたいな駅だな~

という感じでしたね。

吉松駅

そして駅となりには、近代化産業遺産【石倉】があります。

明治の建物(倉庫)のようです。

吉松駅

吉松駅

そして、駅広場ではSLが飾られています。

歴史を感じますね~

今回、指宿から2時間半もかけて、わざわざ姶良の

それも宮崎県の県境付近まで来たのには理由があります。

20130806_07吉松駅

20130806_08吉松駅

そうなんです。

このメダカ養魚場に寄りたかったんですね。

どっぷり、メダカ飼育に、はまっています。

動画(メダカ養魚場)
 

次回に続く・・・
[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

龍門司坂 & 龍門滝 & 龍門滝温泉

鹿児島県姶良市にある、龍門司坂 & 龍門滝 & 龍門滝温泉に

行ってきました。

まずは・・・龍門司坂から!

龍門司坂

ここは、昔の旧街道ですね。

江戸時代にも使われていたようです。

詳しくは・・・

龍門司坂
☆クリックにて拡大されます

今は、観光地になっていますが、けっこう急な坂で

自分も途中までしか歩いた事ありません。足がパンパンに

なってしまいます。

龍門司坂

そのせいですかね。あまり皆さん歩いた事がないらしく、

コケが生えて、滑りやすくなっています。

元気な方は挑戦してみて下さい。

そして・・・登り口へ・・・

龍門司坂

幕末の大河ドラマでも撮影しますので、けっこう整備されて

います。

そして、次は龍門滝へ・・・

龍門滝

梅雨時期でしたので、水の量がすごいですね。

涼しい~

水の量が多かったので、動画でも撮影するか!



なんか最初の方・・・虹が出てましたね。

アップロードするまで、気がつきませんでした。

こちらでは・・・

龍門滝

流しソーメンを食べている方もいましたね。

美味しそうです。

そして最後は、龍門滝温泉へ・・・

龍門滝温泉

この温泉に入るのは、始めてです。

龍門滝温泉

中には、いろんな農産物も販売されてましたね。

そして・・・温泉へ、人が多くて撮影はできません。

1階が男湯、2階が女湯になっていました。

いたって普通の温泉と思いきや・・・

外には、先ほどみた龍門滝が見えます。少し、スリガラスでは

ありますが、風情がありましたね。いや~いい温泉でした。

龍門滝温泉

休憩所もあったので、ちょっとゆっくりしてから、

指宿に帰りました。


[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

龍門司焼窯元 & 陶夢ランド 初訪問

鹿児島県姶良市にある、龍門司焼窯元と、陶夢ランドに行ってきました。

通りすがりの観光で、看板が出ていたので、何だろうとの思いで、

訪問してきました。

まずは、龍門司焼窯元からです。

龍門司焼窯元

鹿児島空港付近に用事があったので、途中で看板発見!

何だろう?

龍門司焼窯元

鹿児島県指定無形文化財 龍門司焼

龍門司焼は島津義弘が朝鮮の役を終え1598年(慶長3年)陶工
たちを連れて帰ってきて作らせたのが、始まりである。
初めの頃は帖佐で焼いていたが、ここでの焼物を「古帖佐焼」といい、
その後義弘が帖佐から加治木へ移ってからは、加治木の龍口坂や安国寺
近くで焼き1688年(元禄元年)小山田に移った。これが龍門司焼
のはじまりである。
以下省略・・・
(立て看板より)

地名が多いので、他県の方はよくわかりませんね・・・

まぁ、せっかく来たので寄ってみましょう。

龍門司焼窯元

すごく、いっぱいの薪もありますね。

伝統を感じます。

龍門司焼窯元

昔ながらの、窯元といった感じです。

中に入って、見学は構わないが、撮影はダメとの事!

職人さんが4、5名程おられまして、容器を作っておりました。

何か見過ごしてしまいそうな、工芸ですね。

何か買おうかな~

龍門司焼窯元

容器類はけっこう持っているので、箸置きを買いました。

使いごこちは、重宝してます。

そして、ここでパンフレットに、陶夢(とむ)ランドなる

施設を発見!近くの路地に入ったところなので、行ってみました。

陶夢ランド

平日でしたので、人はあまりおりませんでしたが、

人工の滝・川で小さい子供達が、水浴びしてましたね。

いかにも涼しそうです。

陶夢ランド

ちょっとした、子供の遊び場もありますね。

陶夢ランド

ここには、木製で作ったアスレチックもあります。

いろんな運動ができるようです。

陶夢ランド

事務所があったので、他に見る物はないか、訪ねます。

数名の従業員の方がおられまして、撮影は構わないとの事!

陶芸作品の施設のようですね。

陶夢ランド

龍門司焼+αの歴史が刻まれています。

陶夢ランド

ここは陶芸教室のようですね。

陶夢ランド

西コレクション・・・

有名な方の、陶芸作品のようです。

陶夢ランド

売店もあり、陶芸作品や雑貨なども販売しておりました。

まだまだ、知らない鹿児島が多いようです。

車を走行中に看板を見つけたら、なるべく寄ってみようと

思います。




[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

国指定、登録有形文化財蔵 手作り焼酎白金酒造

鹿児島県姶良市にある、白金酒造に行ってきました。

この焼酎会社は、国指定、登録有形文化財蔵と観光ガイドに

記載されていたので、楽しみです。

まず、最寄のJR重富駅で寄り道します。

重富駅

平日でしたので、空いてますね。

ほとんど、お客さんいません!

重富駅

そして、白金酒造の場所を確認します。

ここから近い距離ですね。

白金酒造

ここですね。

何か雰囲気のある焼酎工場です。車を駐車して・・・

事務所へ・・・

白金酒造

ここですね。

挨拶をして、個人で見学に来た事を伝えると、

女性の従業員の方が案内してくれる事になりました。

中の撮影もOKとの事でした。

本当は、芋の収穫時期が最盛期でいいんですけどね。

秋ぐらいになると、自分が忙しくなるので、ちょっと無理です。

白金酒造

ここは井戸ですね。昔はここで水を汲み上げていたそうですが、

海岸に近く、塩分が含まれるため、山から水をひいているそうです。

白金酒造

この焼酎工場の建物が、石蔵になっており、

国指定、登録有形文化財蔵になっているんだそうです。

以前紹介した、山田の凱旋門と同じ石でできているそうです。

HP  >>>  みやっちのホームぺージ[観光]山田の凱旋門

さっそく中を見学させてもらいます。

白金酒造

白金酒造

白金酒造

焼酎を造るための、この酒樽は鹿児島県には造る人が、

1人しかいなくて、今、弟子を育成中だとか、特にこの

白金酒造は手作りの焼酎なので、大事だとの事です。

又、この酒蔵では原料となる芋を、磨き芋をいう手法

で、丁寧に処理されているそうです。

白金酒造

白金酒造

もろみの関係で、温度調整が必要なんですが、この酒蔵は

手作りに拘っているため、エアコンを使って自動的に温度調整

をしておらず、外に出す通気口にて温度を調整しているとの

事でした。

伝統を守る、手作りの焼酎にあっぱれです。

そして・・・ここで購入した焼酎!

白金酒造

石蔵の手作り焼酎です。まだ飲んでいませんが、楽しみです。

そして、楽天でも販売しているようなので、紹介しておきます。
↓(クリックすると、白金酒造の全商品が表示されます。)




いい焼酎工場でした。又、機会がある時にお寄りしたい

と思います。ありがとうございました。


[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

龍門滝・龍門司坂へ訪問

鹿児島県姶良郡にある、龍門滝・龍門司坂へ行ってきました。

龍門滝

まずは、龍門滝から・・・

駐車場に車を止めて、歩きます。

龍門滝

この滝の近くには、龍門滝温泉があります。

自分はまだ入った事ありませんが、今回も入りません。

龍門滝

けっこう駐車している方が多いですね~

龍門滝

この温泉の横を通って・・・

龍門滝

階段を登って・・・いい運動になります。

龍門滝

まずは、看板確認・・・

龍門滝(りゅうもんだき)

往き来さ道ゆく人も暫しとて 立ちけへり見る滝の白糸
                第十八代藩主 島津 家久

その昔、中国の人が「漢土の瀑(たき)を見るがごとし」と賞した
ことから、この名があると伝えられています。
高さ四十六メートル幅四十三メートルあって、岩肌を見せながら滝
つぼめがけて落ちるしぶきは豪快で・・・
(以下省略)すみません。長すぎる・・・

そして・・・

龍門滝

絶景の写真スポット!

前回、動画を撮影できなかったので、動画も撮影!



そして、横道があり、もう少し近くまで寄れそうでしたので、

龍門滝

龍門滝

ここが、限界ですね。夏場だったら涼しそうです。

そして、駐車場にもどり・・・あたりを散策します。

龍門司坂

ここは、前回来た時なかったよな~

というか、上の方で龍門司坂という看板があったと思う

のですが、この辺も整備されて観光施設となったんですね。

しかし・・・疑問?

龍門滝(りゅうもんだき)・龍門司坂(たつもんじざか)?

なんで、読みが”りゅう”と”たつ”で違うのだろう?

まぁ、いいか・・・

龍門司坂

看板には・・・

国指定史跡
大口筋・龍門司坂

江戸時代の主要街道(薩摩では「街道」を「筋」と呼ぶ)のうち、
鹿児島城下を起点として北上し、白銀坂を通り加治木で宮崎方面
に向かう「日向筋」と分岐して、大口を経由して熊本へ行く街道
を「大口筋」といいます。
龍門司坂は、杉木立と木もれ日、そして○むした石畳の風情が
美しい坂道で、石畳敷きの平均幅は1500mと考えられていま
すが、集落内にある両端部は舗装されており、現在は山間部に
486.8mが当時の状態で見ることができます。
(以下省略)

そして・・・

龍門司坂

ここは大河ドラマのロケ地でもあるんですね。

翔ぶが如くは、前回来たとき知ってましたが・・・

とりあえず、登ってみるか・・・

龍門司坂

龍門司坂

途中まで登りましたが・・・疲れてしまい、最後まで

到達できませんでした。というか、ず~と上までこんな

感じなのでしょう。ゴツゴツして、けっこう足が疲れます。

そろそろ・・・指宿に帰るか・・・

高速使って、鹿児島市内に戻り、

食事

かごしま市内の、うちだ屋で食事し自宅へ帰りました。

これで、昨年までの写真は全部アップしました。

以上です。

[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

プロフィール

みやっち

Author:みやっち
写真日記・鹿児島観光情報・ニュース・映画・アフィリエイト・メダカ、グッピー飼育・愛猫など書いています。

最新記事
最新コメント
リンク
鹿児島関連リンク
カウンター
blogram
このバナーはポチしなくていいです。個人的に分析の絡みで、設置しているだけです♪


 blogram投票ボタン
おきてがみ


いつもありがとう♪
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
猫 (55)
Web (13)
広告
バナー広告


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
景気市場

FXのなかのFX