FC2ブログ
みやっちの今日を振り返って 曽木発電所遺構をみてきました。
本ブログはリンクフリーですが、ホームぺージからのリンクは、ブログランキングに弊害が出ますので、ご遠慮願います。
《重要》 FC2ブロガー様へ:今後、特定のブロガー様以外は、「訪問者リスト」を見ませんので、ご了解下さい。
(「おきてがみ」にて対応します。)   >>>  関連記事

ご親切な方へ: 本ブログは誤字・脱字が多いです。親切心のある方は、コメントにてお知らせ下されば、幸いです。

ブログランキング参加中♪ いつもありがとうございます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ            
みやっちのホームぺージ

曽木発電所遺構をみてきました。

鹿児島県伊佐市にある、曽木発電所遺構をみてきました。

前回、訪問した時は冬で屋根部分しか見れなかったので

今回楽しみにしてきました。

駐車場に車を止めて・・・

曽木発電所遺構

これは、駐車場前に建てられており、

旧曽木発電所 長寿レンガサポーター記念の碑で、

曽木発電所を守るための、レンガサポートのメンバーが

記されているようです。

曽木発電所遺構

では出発します。階段を登って、山道を進みます。

山道ですが、観光名所だけあってきれいに整備してあります。

到着!

曽木発電所遺構

案内看板には

曽木発電所遺構の概要
曽木発電所遺構は、川内川の中流にある曽木の滝(東洋の
ナイアガラ)の約1.5km下流にあります。
いつもは鶴田ダム(西日本最大級の重力式ダム、昭和42年
完成)がつくる大鶴湖の底に沈んでいて、洪水に備えて貯水池
をさげる5月から9月にかけて優美な姿を側面に見せてくれ
ます。
この曽木発電所遺構は明治42年(1909)に、日窒コンツ
ェルンの創立者で、我が国の代表的経済人である野口遵
(ノグチ・シタガウ)水力発電所で、幅43m、奥行20m、
高さ19m、総面積2207.7㎡(約669坪)の2回建
一部3階建であり、鹿児島県に唯一残る明治時代建造のレンガ
建造物です。また、当時は水俣のカーバイト工場(チッソ(株)
水俣製造所)に電力を供給して、我が国の電気化学発祥の
きっかけになった貴重な近代化産業遺産であります。
(看板詳細)

場所的には、曽木の滝から近く地図記載もしてあります。

曽木発電所遺構

では、全容を・・・

曽木発電所遺構

やっと見れたという感じです。曽木発電所ができて約100年

電力を原発に委ねてきた、日本はどこに向かうのか・・・

文明の発展は、時として危機を伴うのかもしれない。今こそ原点に戻る

行動をすべき時なのかもしれない。

曽木発電所遺構

そして、こんな山の中ですが、ベンチもあります。

やはり観光客が多いせいでしょうか・・・

では忘れないうちに動画撮影!



そして、駐車場に戻り、最後に曽木の滝方向を撮影。

曽木発電所遺構
☆クリックにて拡大されます。

なんか、いい景色・・・

ブログランキングに参加しています。ご協力をお願いします。
スポンサーサイト

[Ctrl]+クリックにて全ポチできます。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

[TOP]

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

おお!避暑地!

みやっちさん、涼しげなとこですね。

曽木発電所後がわびしくたたずんで見えました。

電力を原発へと変えてはみたものの、大きな代償を

払うという結末ですね。政府や官僚は自腹は切りません。

この代償は国民の血税です。どっか変ですよね。

政府に自腹を切って欲しいです。

ついつい愚痴になってしまいました。

Re: おお!避暑地!

チャボ さんへ

こんばんは
まわりを木々に囲まれた、涼しいところです。
ここは、マムシ注意の看板も出ていなかったので
夏場でも大丈夫なところなのかもしれません。

一向に進展が見えない原発・・・今こそ、原点に帰って
昭和中期の生活に戻すべきかもしれませんね。
プロフィール

みやっち

Author:みやっち
写真日記・鹿児島観光情報・ニュース・映画・アフィリエイト・メダカ、グッピー飼育・愛猫など書いています。

最新記事
最新コメント
リンク
鹿児島関連リンク
カウンター
おきてがみ


いつもありがとう♪
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
猫 (101)
Web (14)
広告
バナー広告


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
景気市場

FXのなかのFX